痛み 集中力 持続


痛みで集中力を持続させる方法について

体に痛みを与えることで一時的に集中力を高めることができます。
肉体的な痛みを感じると意識が一気にそちらに向かいます。
そうすることで脳の緊張がほぐれ、集中しやすい状態を新たにつくることができるのだそうです。

 

よくスポーツ選手が顔をパンパンと両手で叩いているのを見ることがありますが、あの行為は緊張をほぐして集中しやすい状態をつくるためにやっているのです。

 

軍事評論家のテレンス・リーさんによれば、プロのスナイパー(狙撃手)は集中力が切れそうになると唐辛子を噛むのだそうです。これも唐辛子の刺激を使って集中しやすい状態をつくっているのでしょう。

 

昔から「手の甲をつねる」という眠気覚ましの方法がありますが、この方法は眠気を覚ますだけじゃなく集中力を持続させる効果もあったのですね。

 

ただ、痛みを与える方法はアザなどになることもあるので、あまりオススメはできません。

  スポンサーリンク

痛みで集中力を持続させる方法関連ページ

即効性のある方法
仕事や勉強をするときにやる気が出ないときに使える即効性のある集中力の出し方をご紹介します。簡単に集中力を出す方法。
低下を防ぐコツ
仕事や勉強の際にあれもこれもと考えてしまい目の前のことに集中できないことがあります。このような集中力の低下を防ぐためのコツをご紹介します。
休憩のとり方
集中力を回復する休憩のとり方について詳しくお伝えします。集中力の持続時間と休憩時間など。
休憩後のスイッチの入れ方
集中力のスイッチを入れるコツをお伝えします。休憩後に集中力を復活させる簡単な方法。
笑顔を作る
笑顔・笑いと集中力の関係についてお伝えします。割り箸を使って集中力を高める方法など。
ガムを噛む
ガムを噛むと集中力を高めることができます。その理由を詳しくお伝えします。ガムを噛みながらトランプタワーを作るCMなど。
ツボを押す
やる気や集中力を高めてくれるツボについての情報ページです。手、頭、足の裏など集中力がアップするさまざまツボをご紹介します。
かわいいものを見る
かわいいものを見ると集中力が高まることが明らかになりました。可愛い動物を見ると集中力がアップする理由とは?
やる気を出す方法
集中力以前にやる気が全くでないときにモチベーションを上げるコツをご紹介します。

基礎知識 トレーニング方法 体調・環境 高める方法・持続させる方法