集中力 回復 時間 休憩


集中力の回復に必要な休憩時間について

集中力の持続時間は15分ごとにやってきます。
誰でも15分経つと集中力が切れそうになるので、これを乗り越えて30分、45分と集中力を持続させていきます。

 

ただし、長時間集中し続けるのにも限界があります。
一般的な大学生は90分間くらい集中力を持続させることができると言われていますが、これはかなりハードルが高いと思っていいでしょう。

 

普通の人なら45分が限界だと思います。限界というのは、集中している物事に対して脳が「つらい」と感じているということです。

 

たとえば勉強の場合、「勉強はつらい」と脳にインプットさせてしまうと、その後も勉強をするときに集中力が低下しやすくなってしまうのです。

 

こうならないためには、脳が「つらい」と感じる前に休憩を取ることが重要です。

 

集中力は15分も休憩をとれば回復します。
ですので、45分集中して15分間の休憩をとるようにするといいでしょう。
もし、45分集中力が続かないようなら30分間集中して15分の休憩でもOKです。
ポイントはつらくなる前に休憩を入れることです。

 

休憩の際には脳のエネルギー源であるブドウ糖と摂取するといいでしょう。
ブドウ糖が多く含まれている食べ物についてはこちらの記事でご紹介しています。

集中力を高める食べ物と飲み物

 

また、どうしても集中力が回復しない場合は昼寝が効果的です。
15分〜30分の仮眠をとることで脳は驚くほど回復します。

  スポンサーリンク

集中力の回復に必要な休憩時間とは?関連ページ

即効性のある方法
仕事や勉強をするときにやる気が出ないときに使える即効性のある集中力の出し方をご紹介します。簡単に集中力を出す方法。
低下を防ぐコツ
仕事や勉強の際にあれもこれもと考えてしまい目の前のことに集中できないことがあります。このような集中力の低下を防ぐためのコツをご紹介します。
休憩後のスイッチの入れ方
集中力のスイッチを入れるコツをお伝えします。休憩後に集中力を復活させる簡単な方法。
笑顔を作る
笑顔・笑いと集中力の関係についてお伝えします。割り箸を使って集中力を高める方法など。
ガムを噛む
ガムを噛むと集中力を高めることができます。その理由を詳しくお伝えします。ガムを噛みながらトランプタワーを作るCMなど。
痛みを与える
体に痛みを与えることで集中力を持続させる方法についてお伝えします。
ツボを押す
やる気や集中力を高めてくれるツボについての情報ページです。手、頭、足の裏など集中力がアップするさまざまツボをご紹介します。
かわいいものを見る
かわいいものを見ると集中力が高まることが明らかになりました。可愛い動物を見ると集中力がアップする理由とは?
やる気を出す方法
集中力以前にやる気が全くでないときにモチベーションを上げるコツをご紹介します。

基礎知識 トレーニング方法 体調・環境 高める方法・持続させる方法