集中力 持続 残像トレーニング


集中力がアップする残像トレーニングについて

集中力の鍛え方で残像レーニングという方法があります。

 

残像トレーニングは、単純な模様が描かれたカードを使います。そのカードの中心には黒い点がついているので、その点を数十秒見つめます。

 

その後、目を閉じるとカードに描かれていた模様が残像として瞼の裏に浮かんでくるので、その模様に意識を集中します。この残像が見えているときの程よいリラックス状態が、集中力を持続させるためにとても重要なのです。

 

それでは、この状態を意識的に作る別のトレーニング方法をご紹介します。

 

集中力を鍛えるロウソク残像トレーニング

この方法は、ロウソクの炎を頭の中でイメージして、その炎に意識を集中するというトレーニングです。

 

肩の力を抜き目を閉じます。
頭の中に火のついた1本のロウソクをイメージしてください。
そして、その炎を何も考えずに見続けます。ポイントは「何も考えない」ことです。
雑念がわいてくると思いますが、すべてシャットアウトして炎に意識を集中してください。

 

この状態を10分間続けてください。最初にタイマーなどをセットしておきましょう。

 

慣れてきたら、自分の大好きな音楽をかけて行なってみてください。集中力が鍛えられてくると音楽がまったく耳に入ってこなくなります。

  スポンサーリンク

集中力を持続させるロウソク残像トレーニング関連ページ

前頭前野を鍛えるゲーム
集中力を高めるゲームをご紹介します。前頭前野を効率的に鍛えることができる方法です。
スポーツでも使える方法
スポーツの試合や学校の試験など重要な場面で集中力を高めることができるようになるトレーニング方法をご紹介します。
子供にオススメはけん玉
けん玉は集中力・忍耐力・動体視力を養うのに最適な遊びです。子供の集中力をつける遊びとして非常におすすめです。

基礎知識 トレーニング方法 体調・環境 高める方法・持続させる方法